ウナノッテ日記

ウナノッテとはイタリア語で一夜のこと。
食べ物との出会いはいつも一期一会、一夜の夢。
これはその夢の記憶をつづった日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
猫村さん特製のネコムライスエッグ
ネコムライスエッグ先週から大掃除がんばっています。
パスできるものならパスしたいのですが、こういうときでもないとなかなか重い腰があがらないので…。
先週はキッチン&水周り、蛍光灯の交換。今週は窓拭き、冷蔵庫の整理、衣類・雑貨の不用品の整理などをしました。今日は障子を張り替える予定。

ネコムライス猫の手も借りたいほど忙しいので、今朝は「猫村さん特製のネコムライスエッグ」を作ってみました。簡単にいうと、じゃこと野菜がたっぷり入ったケチャップライスに目玉焼きをのせたものですが、猫村さんパワーでてきぱき仕事ができるかも!?

ちなみに玉子が乗っていないのは、ただのネコムライス。
これを食べて、大掃除の続きをがんばります。
JUGEMテーマ:グルメ


| gourmet | 自炊 ダイエットメニュー | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
嬉野温泉 温泉豆腐

「温泉豆腐」というものをご存知でしょうか?
簡単に説明すると、温泉の水を使った湯豆腐なのですが、温泉の成分でお豆腐の表面がとろ〜んと溶けて、まろやかで豆の風味がじわ〜っと口の中でとろけるような鍋料理なのです。

じつは、この料理は嵐山光三郎氏のグルメ小説「頬っぺた落とし う、うまい! 」にも登場し、その絶妙の描写を読んで以来、ぜひとも一度あじわってみたいメニューのひとつになっていました。本当に嵐山氏の紹介するものは、みんなおいしそうなんですよね。

その温泉豆腐を今日は自宅で試して見ました。
たまたま嬉野温泉の「温泉豆腐」セットが販売されていたのでチャレンジです。セットの内容は、温泉の水と特製のお豆腐、付けダレようのごまだれ。作り方は、まず温泉水を鍋にはり、そこへ食べやすく切ったお豆腐を沈めます。ダシ昆布などの必要はありません。しばらくするとふつふつと煮立ってきて、水食が白っぽく、お豆腐の表面がつやつやととろけてきたら食べられます。お好みで野菜をいれても良いでしょう。

食べてみた感想は、とってもやさしい味だということでした。やわやわでとろとろで、きっと赤ちゃんからお年寄りまで、みんなゆったりと楽しめることでしょう。食べ続けていくうちに、お豆腐がとろけた汁は真っ白くにごり、まるで豆乳鍋のような雰囲気になりました。個人的には、付属のごまだれよりも、柚子を入れたポン酢のほうが好みでした。柚子こしょうもぴったり。湯だったお豆腐はとても熱いので、ぜひ愛する人と、ふーふーと冷ましあって召し上がってください。あー、温泉にいきたくなっちゃうなあ。

ちなみに、この温泉豆腐は、いろいろな温泉でのお取り寄せ人気ランキングのトップに輝くなど、とてもファンが多い商品のようです。嬉野温泉商店街から送ってもらうことも可能なので、興味のあるかたはお試しを。

嬉野温泉商店街 オンラインショッピング
http://www.spa-ureshino.com/index.html#on
| gourmet | 自炊 ダイエットメニュー | 12:54 | comments(0) | trackbacks(2) |
自宅でジンギスカン
おいしくて、安くて、ヘルシーなジンギスカン。最近は自宅で作ることが多いですが、たくさん野菜も食べられるのが嬉しい〜。モヤシ、ニラ、玉ねぎ、人参、えのきだけなど、いろいろいれちゃいます。

ラム肉はニュー・クイックで購入して、2人で300グラム食べました(^^)
| gourmet | 自炊 ダイエットメニュー | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
エシレバターの夕餉
今日は一度食べてみたかった「エシレバター」を購入したため、思う存分バターを味わうための食事を作ってみました。

念のためご説明すると、エシレバターとは英国王室や三ツ星レストランでも使用されているという醗酵バターです。生産地はフランス中西部ドゥ・セーブル県エシレ村。優れた乳製品の産地として知られるところだとか。

15年ほど前に新聞で「醗酵バター」というものの存在を知ってからずっとカルピスバターを愛用していましたが、最近は他のメーカーからもおいしいものがどんどん出ているので食べ比べ中でした。でもやっぱり醗酵バターを語るなら、本場のヨーロッパ製を食べてみなくちゃね…ということで、大御所エシレバターを購入です(^^)

さて、では今夜のメニューというと、以下のとおりです。

 <エシレバターを楽しむ夕餉>
 スープ :コーンポタージュスープ
 サラダ :オニオンとレタスのイタリアンサラダ
 メイン :和牛サーロインステーキ
 付け合せ:にんじんのグラッセ、バターポテト、バターアスパラ
 パン  :有機小麦のイギリスパン
 バター :エシレバターの有塩タイプ
 デザート:ハーゲンダッツ(カフェオレクリスピー)

どのメニューにもたっぷりバターを使ってみました(^^)

メインのステーキも今日はちょっと良い国産牛を購入。ステーキの焼き方にもこだわってみました。コツは、お肉は焼く30分くらい前に冷蔵庫から出して室温にしておくこと。塩コショウは片面にだけ振ること。フライパンにはバターをたっぷり。お肉を焼くのは手際よく、フライパンにお肉を入れて、肉汁が浮かんだらひっくり返して15秒(ミディアムレア)。霜降りのお肉はやわやわで、脂身までジューシーでほっぺがおちそう!! バターの風味も活きています。

今日は付け合せの野菜もバターづくし。
にんじんはシャトーに切って、バターと同量の砂糖で煮て、最後に塩コショウで味を調えてできあがり。バターポテトは粉吹き芋にバターをからめてOK。アスパラはバターでソテーして塩コショウで味付け。どちらもバターのせいか深〜い味わいでした。

パンは伊勢丹クイーンズシェフで買った有機小麦のイギリスパン。本当はパンも自分で焼きたかったのですが、今日は仕事があったので時間がありませんでした。香ばしく焼きあがったパンの表面をなめらかに滑るバターが食欲をそそります。噛みしめるたびに、口ににじみでるバターの香り…。うーん、デリシャスゥゥ〜(^^)

やっぱりエシレバターはおいしかったです。
ただ思ったよりも味は軽めで、上質なものを目指していくと、最後にはこういった透明感のある風味となっていくのかな〜という感想を持ちました。ただそのまま舐めてみるとわずかに酸味があるような…。カルピスバターの持つ濃厚でわかりやすいなおいしさとは対照的ですが、素材の持ち味を最大限に引き出すには最適だと思います。もたれない、じゃましない、どんどん食べられる、、、素敵です。

使い分けとしては、料理するときは、素材が普通のものなどバターの味をしっかりつけたい場合には旨みの強いカルピスバター、素材が最高級でバターの味よりも素材の味を楽しみたいときにはエシレバターというのがいいかもしれません。
| gourmet | 自炊 ダイエットメニュー | 21:09 | comments(4) | trackbacks(2) |
家庭菜園のいちご
先週は、電車で1時間30分くらいの実家に、両親の顔を見にいってきました。

うちの母は家の近くに4畳半くらいの畑を借りて、趣味で家庭菜園をしているのですが、その日はそこで苺狩りです。なんでも畑の片隅に苺を植えてみたら、毎日たべきれないほど大量に収穫できるのとか。行ってみたら、本当に鬱蒼と形容してもいいくらいのしげみがそこにありました。きれいに並んでもいないし、粒も揃っていませんが、逆にそこが野いちご摘みみたいで良い感じ。

たくさん苺を採りましたが、絶対に食べきれないので、またジャムにしちゃおうかと思っています。梨木香歩さんの児童文学「西の魔女が死んだ」の気分。なんていっても無農薬ですしね。
| gourmet | 自炊 ダイエットメニュー | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ