ウナノッテ日記

ウナノッテとはイタリア語で一夜のこと。
食べ物との出会いはいつも一期一会、一夜の夢。
これはその夢の記憶をつづった日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
人形町 森乃園
人形町 森乃園
人形町の甘酒横丁の通りにある、森乃園で休憩してきました。
ここはもともとは自家焙煎ほうじ茶の店なのですが、数年前から甘味等の販売や、軽食、甘味等を扱う喫茶コーナーも営業するようになったのですよね。

この日は夫が抹茶ビール(700円)で、わたしがほうじ茶のパフェ(950円)をいただきました。抹茶ビールは本当に抹茶の味がするビールで、ちゃんと苦味もあって、なんだか不思議な感じ。あられがおつまみについてきました。
ほうじ茶パフェは、抹茶よりもさっぱりとしたほうじ茶の香りが最高。大人の甘味といったところでしょうか。

こじんまりとした店内は、ほとんどが女性客だったのですが、この日は後から、定年後らしき男性の6人連れがどやどやと入ってきました。最初は、甘味好きの男性グループかと好ましく思ったのですが、、、徐々に「普通のビールはないの? なかったら買ってこいよ」だと「つまみはないのか。じゃあおっぱいでもつまむか」なんていう笑えない冗談を大声で言いだす始末。お店の人が気の毒になりました。酔っ払いは居酒屋へでも行けーっ!

店名:森乃園
住所:中央区日本橋人形町2-4-9
電話:03-3667-2666
JUGEMテーマ:グルメ
| gourmet | デザート、カフェ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:50 | - | - |









http://gourmet.jugem.cc/trackback/468
森乃園の「ほうじ茶パフェ」
大正3年(1914年)創業のほうじ茶の老舗、森乃園の茶寮でほうじ茶パフェをいただく。 ほうじ茶ゼリーにほうじ茶アイス、ほうじ茶クリームの上に、カステラまでほうじ茶という、まさにほうじ茶漬くな一品。 ほうじ茶の香ばしさが冷たく甘いパフェに溶け込んでいて、とても
| まろまろ記 | 2010/07/29 6:44 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ