ウナノッテ日記

ウナノッテとはイタリア語で一夜のこと。
食べ物との出会いはいつも一期一会、一夜の夢。
これはその夢の記憶をつづった日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
南房総 網元の宿 ろくや
網元の宿 ろくや

この週末は夫の妹夫婦に誘ってもらい、南房総の岩井海岸へ一泊旅行へ行ってきました。 泊まったのは、料亭で板前をしている義弟も太鼓判を押すほどの料理自慢の宿「ろくや」で、驚くほど新鮮な魚介類を堪能してきました。
手ごろ(というか、むしろ格安!)な一泊二食の宿泊料金にかかわらず、目を疑うほどゴージャスなメニューは次のとおり。

まずは、野菜と海の幸の前菜。サザエのつぼ焼きや、あわびの踊り焼き、タコと冬瓜の煮物、青菜のうに和え、かぼちゃのポタージュ。それからスティック野菜とゴママヨネーズソースとバーニャカウダソース添え。

それから、メインの舟盛りと伊勢えびのお刺身。ひらめの尾頭付きのほか、わらさ、金目鯛、すずき、太刀魚、しまあじ、めだい、かます、しょご(か
んぱちの幼魚)、ぶだい、あじ、などなど、10種類を超えるお刺身は、さすが網元の宿というべき品揃え。どれも新鮮で、それぞれの持ち味を楽しみました。

揚げ物は、えびしんじょとフグのてんぷら。熱々の揚げたてが美味。

迫力満点だったのは、マグロの頭を焼いた兜焼き。
大人の頭ほどもあるマグロのカマは、脂ものっているし、コラーゲンもたっぷりでぷるぷるとろとろ〜。きっとDHAも豊富なことでしょう。食べるときは義弟がプロの技で、目の裏や骨の隙間まで身を取り分けてくれたので、お店の人がびっくりするほどきれいに食べきりました。

その後は、焼いた石を入れて作った粗汁。
目の前で、熱々の石を桶のなかへジュワーーーっと入れるパフォーマンスつきでした。
ごはんは、とろろとお漬物。

ラストのデザートは、抹茶風味のブラマンジェ。
これがまた和食のお店にはありえないほどのおいしさでした。

温泉はクセのないシンプルなお湯で、小さいながらも貸切風呂が複数あって快適だし、また季節を変えて行ってみたい宿でした。というか、食事のためだけにでもまた行きた〜い。
こんなすてきな宿を紹介してくれた義妹夫妻に感謝感謝です。

店名:網元の宿 ろくや
住所:千葉県南房総市岩井海岸久枝494
電話:0470-57-2011
JUGEMテーマ:グルメ
| gourmet | ホテル&旅館 | 21:12 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - |
すばらしいお宿ですね^^
近いので、一度行ってみます^^
| はる | 2008/11/05 5:20 PM |
> はるさん

ぜひ、どうぞ!
| yurie | 2008/12/02 1:23 PM |
偶然出会って楽しみにしていますがお引っ越しでもされたのでしょうか。品のある内容で大変参考にしております。お変わりない事を祈っていますが。
| すず | 2009/04/08 9:33 PM |
> すずさん

コメントどうもありがとうございます。
楽しみにしてくださっていたとのこと、とても嬉しいです。

日記は、ちょっと油断しているうちに、書くべきお店が大量に溜まってしまい、少々途方に暮れていたところです。
またこれからは、新しい日記からでもアップしていこうと思います(^^)
(古い日記は、また徐々に…)

今後ともよろしくお願いします。
| yurie | 2009/04/14 12:41 PM |
お返事有り難うございます。楽しみがもどって大変嬉しいです。
| すず | 2009/04/19 11:29 PM |









http://gourmet.jugem.cc/trackback/583
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ